2011年11月21日

夏合宿

こんにちは!
2年のささやんです。
LOMOTIONは今年の夏、9月15日から18日にかけて伊豆七島の一つ「神津島」に行ってきました。
(記事大変遅くなってすみませんあせあせ(飛び散る汗)
今年の夏合宿は計31人、特に一年生が多く参加してくれました。

[9月15日]
行きは夜行フェリーのため21時半に浜松町駅に集合。少し遅刻した人もいましたが全員そろったところで竹芝客船ターミナルに移動、22時半に船に乗り込み、23時頃出航。
僕たちの部屋はタコ部屋で、大半の人達が荷物を置いたら船の中の散策に出かけて行ってしまいました。東京湾沿いの夜景を見たり、甲板のテーブルでゲームをしたり、中には早速酒盛りを始める人などもいました。

[9月16日]
そんなこともありつつ、船に揺られること約9時間、ようやく神津島に到着しました。神津島到着後は宿屋の送迎により旅館森川屋へ。部屋を決め、荷物を置いたら、長い船旅で疲れてるだろうから午前中は休憩。各自お風呂に入ったり、昼食を食べたり、ボードゲームやカードゲームをして過ごしました。
そして午後からは宿屋の近くの前浜海岸で海水浴。意外に波が高く、僕はゴーグルを波にさらわれました(あとで先輩が見つけてくれました。ありがとうございました!)が、波が高いのを利用してみんな楽しんでました。
Scan 7.jpeg

海で泳いでお腹がすいたその日の夕食はBBQでした。島だからなのか特に魚介類がおいしかったです。途中内臓が入ったままのイカをそのまま丸ごと焼いてしまうなどのちょっとしたハプニングもありましたが(あとでバラしておいしくいただきました)、みんなでわいわい盛り上がりました。

夕食を食べ終えたあとは砂浜で花火!夏と言えばやはりコレです。だいぶ多めに買ってきたので31人でやっても使いきるのに1時間近くかかりました。こちらではカメラサークルらしくバルブ撮影(シャッターボタンを指で押し込んでいる間、ずっとカメラのシャッターが開いたままで露光を続ける長時間露光のことです。)をしました。
asari_vh_0022.jpg asari_vh_0016_2.jpg asari_vh_0003.jpg

[9月17日]
この日は自由行動!また海で泳いだり、サイクリングをしたり、温泉に入りに行ったりと様々でした。
僕は朝食を食べたあとまた寝てしまい、13時過ぎに起きるという失態をしてしまいました。せっかく合宿に来たのにこのままではいけないと思い、すぐに出かける準備をして先輩方とバスで赤崎遊歩道に向かいました。
赤崎遊歩道は入江を囲む遊歩道で、沖の小島まで橋が架かり、目の前の壮大な海の景色を楽しみながら散策ができます。また飛び込み台が設けられてたり、ダイビングスポットにもなっているので観光にはうってつけです。
先輩方は飛び込み台から前宙しながら飛び込んだり、飛び込み台よりも高い橋の手すりから飛び込むなどかなりアクティブでした。僕はというと若干高所恐怖症なので、1回飛び込んだあとはシュノーケリングを満喫していました。カラフルな熱帯魚がたくさんいてとてもきれいでした。

DIVE!!.jpg Scan 6.jpeg

そして合宿最後の夜はカメラコンペ宴会です!
まずはカメラコンペ。今年の夏合宿のカメラコンペのテーマは「どうしてこうなった」です。たくさんの人が参加してくださいましたが、ここでは1位から4位に入賞した人の写真を載せたいと思います。

1位トム
Scan 1.jpeg

2位みおさん
Scan 2.jpeg

3位ささやん
Scan 16.jpg

4位パフィ
Scan.jpeg

でした。1位から4位の入賞者にはトイカメラなどの豪華賞品が贈られました。残念ながら入賞できなかった人は参加賞としてフィルム2本が贈られました。
そしてカメラコンペ後は宴会!いつもどおりのまったりとした雰囲気で雑談などをしつつ楽しく夜遅くまで飲んでました。

[9月18日]
9時チェックアウトのため眠い頭を無理矢理起こし、8時に起床。急いで荷物をまとめ、お世話になった森川屋さんにお礼を言い、送迎の車で港へ。船の出港まで待合室で森川屋さんにいただいた朝食のお弁当を食べたり、お土産を買ったりして待機。10時に船に乗り、行きと同様約9時間かけて東京に戻りました。
帰りの船の中は大半の人が寝てましたが、恐るべし1男。若さゆえか体力が有り余ってるらしく彼らはずっとトランプや何やらをしていたそうです。
で、午後5時に竹芝客船ターミナルに無事到着。最後に一本締めをして解散となりました。

合宿担当としては事故や怪我も無く、皆さんに楽しんでもらえたようで何よりでした。次の冬合宿も皆さんが楽しめるものにしたいです。

posted by LOMOTION at 16:13| Comment(0) | 合宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。